「宇治鳳凰ロータリークラブ会員を守る漢方薬!」

2017.11.9

公益財団法人京都府暴力追放運動推進センター 

事業課長 上原忠晴 様

歴史ある宇治鳳凰ロータリークラブさんに呼ばれまして大変光栄に思っております。できることなら1302回目のボージョレヌーボーの会には呼んでいただきたかったと思っております。私、ボージョレ大好きでございます。ただし来週来るとは言っておりませんが。実は先程紹介にもありましたけども3回目なんです。前2回は現職警察官で警察本部にいる時にこちらに来さしていただいて覚せい剤を持ってきたりしたんですけども今日はちょっと覚せい剤持ってくるのを忘れまして4年前に警察本部でお酒と女性問題でクビになってしまいまして、もうやめたら家でのんびり朝寝朝酒でゆっくりしようかなと思ったら警察本部が「頼む、まだおってくれ」と言われまして、一応65歳まで、来年までで契約が切れるんです。実は、後2年ほど先まで私は全国公演に回っておりまして2年先まで予定が入っております。なかなか辞めれないんです。みなさん方の資料の中に、実は来年6月8日のロームシアターでの暴力追放大会というのがあるんです。実はこれは検察庁と日弁連主催の全国大会なんです。日本全国の警察官、弁護士、一般の方も来られます。ここで登場するのが実は特別ゲスト、私なんです。別に来てくれと言っているわけではないんです。1時間ほど講演をさしていただきます。入場無料で記念品も差し上げますのでまあ、ちょっと聞いてやろうかと言われる方はロームシアターに来て私に声をかけていただいたらいいんじゃないか。また、その時はその時で面白い話をさしていただきます。

今日のテーマが特殊詐欺、振り込め詐欺なんですけども、みなさん方そうでしょう、女性の方を除いて、携帯電話に出会い系サイトに登録しました、次のガイダンスに従ってください。

女性が大好きで出会い系サイトを今後も利用したい、登録料を払うという方は1番。

いや女性は嫌いやからもう登録を解除して欲しいと言われる方は2番。

そんなん電話で登録した覚えはないと言われる方は3番。

弁護士の先生か、親戚に相談してからまたあとで連絡しますという方は4番。

あなたは何番ですか。一番です。

あなたはだまされる方ですね。とりあえず質問しましたのでこれは記念品、ティッシュペーパーとバンドエイドです。暴力団に殴られた時に怪我したら早く治るというバンドエイドです。もし治らなければ僕の電話番号を教えておきます。電話してください。お前にもらったバンドエイド効かへんやないかと電話してください。

今言った振り込め詐欺の手口で最近多いんです。音声ガイダンスで流れてくるんです。自然に流れてくるもんですから対話ができないですね、音声ガイダンスですから一方的に流れてしまう。皆さん大概、そんなん身に覚えがないということで3番を選んで3番をプッシュされるんです。これが悪いんです。1番2番3番4番、どれをプッシュしても同じ人間が出てくるんです。百戦錬磨の詐欺師ですから当然、1番は会員登録すれば10万円振り込んでください京都銀行に。解除するんでしたら半額の5万円を振り込んでください。身に覚えがないと言えばきつく言われるし、弁護士に相談すると言ったらまた弁護士料かかるし、ああだこうだと向こうは百戦錬磨の詐欺師ですから、同じ人間が出るんです、1番から4番までどれをプッシュしても。正解は何だといえばそういった電話がかかってきたらすぐに何もせずに切ってしまうというのが正解です。そんなことはよくあるでしょう。家に訳のわからないセールスが女性の可愛らしい声でガイダンスが流れる。わけのわからない電話はすぐに切ってしまうということだけを覚えておいていただいたらいいんじゃないかと思います。

最近、政治家の不倫や芸能人の不倫がよく流行っていますけども、私の不倫相手、松坂慶子。皆さんご存知でしょう。愛の水中花。僕は今から一曲、愛の水中花を歌おうと思ったんですけども、まあ、食事がまずくなる、下痢したら困るんでCDを流さしていただきますけども、松坂慶子さんの歌を替え歌にしたもの、京都府警察本部で替え歌にしたんです。詐欺の水中花、今からちょっと3分ほど流しますので聞いてやってください。

5分25秒~9.51まで歌

この歌がヒットすれば松坂慶子さんと私と年末の紅白歌合戦に出場してデュエットする予定でおりますのでその時はテレビを見ていただいて拍手をお願いします。

振り込め詐欺、特殊詐欺と言うんですけども必ずしもお年寄りがかかるというもんでもないんです。実は何年か前に女子大学に寮に行って講演をしてくれと学長さんに言われまして寮の方に夜7時行きました。寮には一回生だけなんですね、2回生、3回生4回生はアパートとかマンションに出てしまいます。地方から集まってきた女子大生がいっぱい集まるんですね。そこの食堂で100人ほどおられる中で振り込め詐欺の講演をしたわけです。なんでかなと思ったら今は若い人が引っ掛かる詐欺も流行っているんですね。ただ被害届が出ないんですね。なぜかというとさっき先程言いましたように出会い系サイトに登録されましたから登録料を払いなさいとか、解除するんであれば3万円という金額を指定するんです、犯人が。この3万円がミソなんです。みなさん方ならそっと払うでしょうけども女子大生3万円、2万しかないな、友達に1万借りて3万にして振り込んでおいた方が安全やなと思い込ませる、犯人が。3万を振り込んでから1週間ほどで気が付くと「おかしいな、詐欺違うかな」と思ったときはもう遅い、振り込んだ後ですから。で、ここで問題になるのは3万円という金額、女子大生でもすっと払える金額であり3万円は被害届を出さないんですね。だれも出さない。なぜか。被害届を出しに行ったら調書を取られて、被害届書かされて、五分や10分では終わらないんですね。大概1時間ほど事情聴取されて。それやったら3万円ぐらいもういいわ、いい勉強になったと思ってほとんど被害届は出ない。そのようにして若い女子大生が引っかかるから大学が地方から出てきた女性が京都に行ってそういった詐欺にあって京都のイメージを悪くしたらかわいそうだから女子大生が引っかからないように教養してあげてくださいということで1時間しゃべってくれと言われまして、私、朝までおってもいいんですけども。いやいや9時になったら帰ってもらったらいいです。男子は入ったらあかんのです。そうですか。その女子寮の場所をくっきりと覚えていますから必要な方ありましたらお教えしますから。お年寄りの被害といいましたら「命てんでんこ」、東北弁なんですね。自分の命は自分で守る。自分の家族は自分で守る。そういう方言なんです、この命てんでんこ、津波、大震災から来た教訓の言葉なんですけども、皆さん方含めてなんですけども人間は90%は地震があっても何もしないんです。なんやい、地震かい、 布団を被って寝ているだけなんです。今日は地震の話ではないんですけども、例えば振り込み詐欺の先程も電話がかかってきた。私は絶対被害にかからん思う人は人間の90%はそう思っているらしいです。そんな電話絶対自分で撃退できるとかね、思っているらしいですね。そういう人ほど被害にかかる。統計的に言うと90%の人は、なぜか言ったら警戒心がないんです。わしは被害にかからん、大丈夫、そんなん電話かかってきてもと思っている人は普段何にも考えていない、警戒感がない、残りの10%はいやどうしょうかな、そんな電話がかかってきたらどう回答したらいいかな。いろんなところで学んで、いろんな知識を常に思っているから詐欺に引っかからない、詐欺に引っかからない、10%の人は。逆に、わしは絶対詐欺にはかからんという90%の人の内の70%が大きな被害にかかっているんです。年寄りの人も若い人も含めて。ですから自分の命は自分で守るということをよーく考えていただきたいと思います。

誰が守ってくれるんや、ここで武蔵坊弁慶が登場するんです。武蔵坊弁慶てご存知でしょう。五条大橋のところに弁慶と牛若丸のかわいいらしい銅像が建っています。あれは前回のオリンピックのときに五条通りが整備されて、そこに弁慶と牛若丸の銅像を建てたんですけども、あそこで戦ったんじゃないんですね。隣の松原大橋というところで戦ったんですけどもオリンピックの年に五条通りを整備されたんでそこで銅像を建てようかということで、でこの武蔵坊弁慶なんですけども東京スカイツリーはムサシの634m、東京地方は武蔵の国と言いますね。これをずっと長年、私はこれをテーマに講演を4、5年さしていただいているので東北のほうへよく講演に出かけます。中尊寺に武蔵坊弁慶さんのお墓があるんです。そのお墓に勝手に私は名前を使っているので、ちょっとお詫びのしるしに100円だけちりんと入れて、それはもう1万円を入れてもこの人喜ばないですからね、亡くなっていないから、せめて名前使用料でございます。100円をおいてずっとここ4、5年武蔵坊弁慶のテーマでしゃべらせていただいております。やんないやこれ、反社会勢力との断絶は武蔵坊弁慶ってどういうことだ。

〇むさしのむ、無理難題を要求されたとき、電話もそうです。クレーマーもそうです。皆さん方、商売されておりますからクレーマーなんかは特によくあると思います。無理難題が来るのに決まっているんです。しつこくね、要求をされた。さてどうするか。大阪あたりから皆さん方の会社、あるいはこの宇治のお店に来て訳がわからないことをぐだぐだぐだぐだと言って来た場合に「お詫びの謝罪」という言葉をちょっと頭の片隅に覚えておいてください。お詫びは遠いところからわざわざうちの会社のために来ていただきありがとうございます。さらっとしたこのようなお詫び。謝罪というのは罪という文字を書くんですけども、罪を認めたらだめなんです。お前んとこの会社の受け付けの女の態度悪いやないかい。ああすみません。あいつ、いつも態度悪いんですわ。認めてしまうとだめなんですね。それはやはり自分ところの社員ですから、社員を守ってやるという意味で罪を認めずに、分りました。それでは調査の上、回答させていただきますというんです。調査の上、また回答させていただきますから失礼ですがオタクの電話番号を教えてください。大概クレーマーは090……携帯番号の電話番号を教えるんですね。携帯電話は悪いけどもうだめなんです。固定電話にしといてください。なぜ固定電話がいいかというと警察に被害届を出した時にスムースに捜査しやすいように携帯電話はとばしの携帯とか、誰のものかわからないですから移動するから携帯電話であって、ですから固定電話番号を聞くことによって、どこの誰であるかがはっきりするわけです、NTT に紹介すれば。ですから後々の操作がしやすいから皆さん毅然と「すみません、携帯電話ではなく固定電話を教えてください。」固定電話にあなたが要求されている事の回答を調査の上、お知らせします。無理難題を要求された時の話ですよ。

〇むさしのさ、「最高」の結果を出していただきたい。最高の結果というのは金を払ってしまってはだめ。振り込め詐欺でもそうです。金を払ってしまってから気が付く。詐欺と違うかな、被害届を出さなあかんな。金は戻ってきませんからね、どんな問題でもそうです。振り込め詐欺でもそうですし、恐喝でも何でもびびってしまって金を払ってしまってからでは取り返しがつかない。本なんかの斡旋もそうなんです。金を払ってしまってから警察に相談に行ったりしてもなかなかこじれて捜査がしにくくなりますから早いうちに手を打っていただきたい。で、最高の結果というのはまず、金を払う前に相談しなさいという話なんです。

〇むさしのし。しっかりしたメモ、録音を取っていただきたい。しっかりしたメモって、メモというのは大事なんですよ、皆さん。殴られた、けられた、もの取られた、だまされた。これぐらい、3万ぐらいやったらええかと泣き寝入りした。やっぱりけったくそ悪いから、やっぱり被害届を宇治警察署出そうかな。1ヶ月ほどしてからすんません、お巡りさん1ヶ月ほど前にね金取られたんですわ。1ヶ月ほど前なんて、いつの話やいな。忘れました、1ヶ月ほど前ですわでは被害届を受け付けてはくれない。正確な、時間まではいいが何月何日にどこでだまされたかということを少なくとも最低限、それは犯罪を構成する必要な要件になりますですからその時にメモ、メモが生きてくるんです。メモをしておけば公判、裁判になっても重要な証拠になりますから私はきちっとメモを執っておりました。これは大事なことです。メモを取るということは大事なことです。録音も大事なんですよ。隠しどりもいい、机の下に隠しどりするのもいいんですけどもこれを活用されるんでしたらクレーマーに活用するんでしたら机の上に録音機を置いてスイッチを入れて、すみません、それではあなたがおっしゃっているクレームをこの録音機に向かってしゃべってください。100人クレーマーがいたら全員が言うことは「何で録音するんにゃんこら」絶対いますね、これは当たり前ですね。それから声を上げておどかしてやろうと思っているのに録音されたら困るから、なんで録音するんだ。切れスイッチを!絶対こう言うんです。その時に皆さんは「いいえ、これはわが社の社長に正確に報告する義務がありますので録音させていただきます。はいどうぞすおっしゃってください。」これでいいんです。そうするとトーンが下がって、「また出直してくるわ」と帰ってしまうんです。電話がかかってきてもそうなんです。電話のクレームもよくあると思うんです。電話の向こうに録音機があるかどうかは見えませんから録音機がなくても「すみません、あなたの要求されていることを今から録音させていただきます。」録音機はないけども焦ったらだめ。鍋の蓋をポーンとただいてカンというでしょ。スイッチが入りました、録音機の。どうぞしゃべってください。相手はどういうか。「またかけ直します。」もう二度とかかってこない、そんなもの。あそこに電話したらすぐ録音しようるから、いらんこと言われへんな。証拠が残ってしまいますからね。

録音機を上手に使っていただきたい.20.28企業の方はそうなんですけども、末端の職員さんが何か失敗した。これくらいの失敗ならいいかな。黙っておこう。社長に殴られたらかなんしでは企業はあかんし。ささやかなことでも常に報告する義務、特にクレーマーとか、そういうわけのわからない失敗なんかは報告する義務をつけておけば、聞いたら笑い話みたいな話なんですけども、放っておくとそれこそ街宣車がきたり、社長が知らんところで街宣車が回っていたり、なんやの、これ一体では遅かりしになってしまいます。こういった癖をつけておくということは大事なことです。

〇で、これを守っていただいて登場するのは武蔵坊弁慶の坊弁慶なんですけども坊は私が現在勤めております暴力追放センターというところ、正確には京都府暴力追放運動推進センターで会長は知事なんです。ここで私、現在勤務しております。退職してから4年になります。

〇弁はこの字のごとく弁護士、もし弁護士の先生に知り合いがなければ暴力追放センターには5人の顧問弁護士の優秀な先生を抱えておりますのでもちろんみなさん方にそうそうたるメンバーですので顧問弁護士を持っておられる方はおられると思いますがもしなければ私どもに言っていただければ紹介もさせていただきます。

〇弁慶の慶は警察の警なんです。ですから暴力追放センター弁護士警察と宇治鳳凰ロータリークラブの皆さんと一つの輪を作ってしまえば、もうできたようなもんですけどもね、輪を作ってしまえばこれほど強力な担保はないという話なんです。わけのわからんクレーマーからあーだ、こーだ、ぐだぐだぐだぐだ言われて、冷汗タラタラタラタラかいて、どないしようかなと1人で考えても「絶対」に解決しません。絶対に1人で悩んでは解決しません。なら、嫁はんに相談しようかな、まあ、奥さん素人やから相談したところでお父さんどうしょうと2人で悩むだけ。そんなこと悩んでいるんでしたらここにいち早く連絡していただければ今日の資料の中に8930という電話番号が入っておりますので、やくざがゼロという番号です。私の今日乗って来た車は8930、あとで蹴とばさんようにお願いしますけども8930なんです。うちの事務所ももちろん8930なんです。私が退職した時に銀行の暗唱番号が8930にしたんです。銀行の人が言っていました。何ですかこれ。いやいやいやいやええんや、これにしといてな。そこら中で私の暗唱番号を教えているのや。自分の暗証番号を人に教えたらあきまへんでと銀行の人いってましたけどね。そんなんで、こういったところに電話連絡して悩みを解決していく。先ほどいいましたけども相談が早ければ早いほどこじれて、こじれて、こじれてしまったらそれこそ弁護士の先生に頼んでもお金がかかります。早い相談ほど早く済むから安くつきます。もちろん警察は金は取りませんけども、ややこしいことになるとやはり時間もかかってしまうからああ、これはおかしいなと思ったらやはりこういうところに早く相談するということお勧めするということ言うわけであります。

暴排三段活用。暴拝、暴排、暴廃。これは学校でも習ったことがないような、これはすべて暴はいという文字なんですけども一番上の暴拝は暴力団を拝むという文字なんです。暴力団を拝むってこれはなんやこれ。例えば私が警察学校にいる頃ですけども民事不介入の原則というのを教えられたんです。警察は民事問題に入ってはいけない。みなさん方ご年配の方いろんなことで警察に相談されて断られた経験があると思うんです。それー社長、民事問題やから警察は手が出せへんですわ。民事問題、金の貸し借りやとかね、男女間のトラブルとか、親子げんかとか、大概、民事問題でそんなん警察に持ってきてもらってもかなわんですわ。30年40年前はそんなことで追っ払われた。警察学校でも我々はそのようにして教えられた。民事問題に介入してはだめだ。ところが今は違うんです。もうそれは死語なんです。忘れられたらいいです。死語になっています。そういう言葉を警察官は言ってはだめ。どんな問題でも金の貸し借りであろうが男女間のトラブルであろうが、男女間のトラブルで殺し合いになっている例がいっぱいあります。親子げんかでも殺し合いになりますから。民事不介原則原則。そんな言葉を言ったら絶対だめ。警察学校へ教養に行って警察学校で講演というか、授業を持たせていただくんです。若いおまわりさんに教えるんです。「現場引き分け論」というのを教えるんです。なんやというたらお金を100万円借りています。で、サラ金屋さんが夜中に取りに来ました。怖いから家の人が110番した。制服のお巡りさんが2人ドドドドッと来た。サラ金のおじさんは言います、やさしい声で。「何しに来たん」。わしはこの人に100万円貸しているから取りに来ただけや。何かわし悪いことをしたか。何もそこらへんのものを蹴っ飛ばした訳でもない、割った訳でもない。何もしてない。金を返してくれと来ただけですわとやさしい声に言う、サラ金のおじさんは。片や家族の人はもうびびってる。そこで昔のお巡りさんは今でもそんなお巡りさんがいるかもしれませんがシッポ巻いて帰る。「ああそうか。あんた金返さなあかんで、さいなら」「今日は何も誰も殴られてないし、物も壊されてないし、今日は帰るわ」帰ってしまったら「だめ」ということを新米のお巡りさんに私はいつも教養するんです。絶対に、怖いから110番しているんやから、そこで私は現場引き分け論というのを使うんです。まず、そのサラ金業者を呼んで、別室に呼んで、お前この夜遅くにグダグダと大きな声出すから110番されるんや。今日はもう帰れ!わしが来たからには帰れ!お前、帰らなんだらわしも帰らん。ずっと居るというと、まあ今日はしゃあないな、ほんならおまわりさんの顔で帰るわ。帰ってしまったらもうしめしめ。で、家の人には「あんなところに100万円も借りたらあかんやろ」せやけどどこも貸してくれからどうしようもないから借りたんやろうけども、今後は弁護士の先生に相談して利息のやり直しをしてきちっと弁護士さんを中に入れてやったほうがええ。そうするとあいつらは来んようになるからということで両方を引き離してそういうふうにコンコンと説教して帰りなさい。これを現場引き分け論、両方とも別れさせてしまう。ですから、今は民事不介入の原則、金の貸し借り、ほんともう、そういうことは言わなくなったんですが昔は金の貸し借り、男女間のトラブル、おまわりさんが相手にしてくれんからどこへ持っていったらいいんや。暴力団の所へ持っていく。知り合いの暴力団の所へ持っていって暴力団を拝むという話になるんです。

これの典型的な、最近では吉本興業でありました、吉本興行、今、連続テレビ小説を今やっていますけども島田紳助さんが右翼に脅かされてどうしようもなくなって私に相談してくれたら対処してあげたんですけども、暴力団山口組極真連合会の橋本弘文という会長がいるんですけども、その会長に相談をしたら一発で解決したんです。なぜなら、脅かしているのは右翼なんですけどもSS 右翼なんですね。右翼問題、世の中にもちろん真面目に考えている人がいっぱいいるんです。同和問題も真面目に一生懸命考えて取り組んでおられる方が世の中にいっぱいいるんです。そういう人は悪いことはしません、真面目に考えている人はね。で、そういった島田紳助を落としたのは暴力団をバックにしているSS 右翼ですから当然、暴力団の組長が島田紳助を愚かすのはやめとけと言ったら、それで一発で終わってしまった。ですから島田紳助さんの記者会見で私は2人の人に救われました。A さん B さんに救われました。これは暴力団の話なんです。暴力団を拝み倒して大阪府警取り調べの人に聞くと1000万から払っているらしいですね、相談料として。島田紳助さん金を持っていますからいいんですけどもこの話を皆さんテレビを見ておられると思いますが私はよくテレビに出るんです。今度テレビに出たら拍手だけお願いしたいと思います。ほんわかテレビというのを見ておられるでしょう。10チャンネルです。あそこに何日も何日も追っかけされて、それでしまいに大阪読売テレビ本社まで行って公演さしていただいて、結局、その私のところがお蔵入りになりました。なんでやなとデレクターに聞いてみたら島田紳助の悪口を言うたらあかん。読売テレビは島田紳助さんにものすごい儲けさしてもらっているんです。数十億というお金を儲けさせていただいているんです。島田紳助さんを崇拝する芸能人はいまだにいっぱいいるわけです。育ててもらった芸能人がいっぱいいるわけです。それをテレビの収録で悪口言うたらあんた殺されますよ。殺されることはないやろけどももうテレビはカットになってしまって出れなくなってしまったんです。それにもめげず今年の6月1日にはもっと違うテレビ局、関西テレビの警察24時というヤラセ番組に出ました。今度出るときはちゃんと連絡します。で、暴力団を拝む時代は終わったという暴拝なんです。今はそんな時代ではないんです。今、暴力団はものすごく少なくなっています。なぜか。縛りがきついからゴルフもできないし、銀行口座も持てないし、車も買えない。百貨店で買い物もできない。百貨店協会が暴力団と取引いたしませんとなっていますから。ただ、わからなければ高島屋へ入っていってのこのこ行って買い物して帰ってくる。これはどこにもセンサーがあるわけではないからこれはチェックしようがないんですけども、物を送ったり送られたりする暴力団、得てしてそういうことをするんですね。そのときに身分を書かなくてはいけない。山口組の誰々と書いたら、すみません、お客さん、こういう方との取引はうちはお断りなんです。こうなってしまうんです。今はそういう時代です。ですから若い子で今、暴力団になろうと言うやつは1人もいません。もう高齢社会になっています。暴力団もいつか消えてなくなるでしょう。

真ん中の暴排は暴力団を排除しようという活動を、私がやっている活動なんですけども、全国転々と私は言いましたけども、珍しいんです。警察を辞めてから警察24時に出た人も珍しいんですが現職が大体出るんです。辞めた人間がのこのこ出ているのも珍しいし、日本全国北海道から九州まで来年の10月4日佐賀県まで予約が入っています。なかなか辞められないですけども、これを一言で言えば暴力団排除活動になるんです。暴力団を排除しようという活動を私は取り組んでいろんなところで暴力団とのつき合いはやめましょうと言うことを大きな声で叫んでいるもんですから人が心配して、上原さんそんなことばかりやっていて暴力団にねらわれへんか。私は財産も何もないんで暴力団は金目当て、金が目当てですからお金のある皆さんは狙われますけども私は財産も何もない。狙われる要素がない。暴力団の悪口を言っているだけでございますから。で、これが暴排活動。

一番下の暴廃は私の勝手な希望的観測ですけども暴力団が廃絶したらいいという暴廃。暴力団がなくなったら将来的にみなさん方の大切なお子さんやお孫さんがまた将来涙を流して暴力団に不当な要求をされて警察や暴力追放センター弁護士の先生に相談に行かなあかんような時代が繰り返されるようではだめなんです。みなさん方の大切なお子さんやお孫さんが安心して暮らせるようにするためにはみなさん方の心の中でこの真ん中の暴排だけを叫んでいただいたらいいと思います。いろんなところで不当な要求を受けたり、暴力団におどかされた時に先程いましたけども、このやろうと思って皆さんケンカの強い人がいるかもしれませんけども、よし、こんなやつには負けんと手を出して喧嘩すると相手に 負けます。百戦錬磨、喧嘩も強いですし、どうしようもないから喧嘩はしたらだめ。心の中で暴廃というのを叫んで私の事を思い出して、よし相談してみようかというんで暴追センター弁護士、警察、特に私のところに電話をいただいたら難しい話でしたら弁護士の先生と相談して適切なアドバイスをさしていただいております。決して間違ったアドバイスはいたしませんので早く相談するということだけ覚えておいていただけたらいいんじゃないかなと思います。というところでいい時間になりましたのでこの辺で終わらせていただきます。ご清聴ありがとうございました。

0コメント

  • 1000 / 1000