会員卓話

2018年3月1日

気仙沼から小金沢へ

山下 茂

最近よくテレビでおなじみの鉄道の旅番組をご覧になっておられますか。私は仕事を辞めるまで旅行にあまり興味がありませんでした。もし行くとしても車で行くのならまだしも、車で行くなど考えられませんでした。重たい荷物持って移動する、ましてや時刻表で切符の手配や時間通りに動くと考えられませんでした。そんな私に1年後に退職した後輩が鉄道友の会に参加しませんかと声をかけてきました。鉄道友の会とは宇治郵便局、伏見郵便局の職員で酒好きと鉄道好きの者でつくる同好会です。鉄道好きにもいろいろありまして、例えば乗るのが好きなら乗り鉄、飲むのが好きなら飲み鉄、写真を撮るのが趣味なら撮り鉄、女性なら鉄子、鉄道に関する音を録音するのが音鉄もしくは録り鉄、弁当が好きなら駅弁鉄といろんな楽しみ方があります。最初は何度も誘われましたが断っていました。ある日、一筆書きの旅に誘われました。一筆書きというのは乗った駅から降りる駅まで一筆で行くことです。例えば六地蔵から木幡までの切符を買い京都駅に行き、湖西線で近江塩津駅に行き、次に北陸線で前原駅へ、東海道線で草津駅に行きます。草津から拓植線で拓植に行き、関西線で木津駅に.そこから奈良線で木幡へ。これだけ乗っても運賃は六地蔵木幡間で済みます。この旅に参加して鉄道に興味を持ち、それからも和歌山回りや大阪回り等をやっていました。そのうちに、4泊5日の東北旅行に誘われ参加しました。この旅は青春18きっぷで普通電車か、快速電車で山形、秋田、青森、岩手、宮城の五県をめぐりました。六地蔵から関空に出て飛行機で仙台空港に行き、東北本線で福島へ、福島で止まり、次の日は奥羽本線で米沢へ、米沢では上杉神社と松岬神社を観光し、前坂線、奥羽本線を経由し、秋田へ。途中酒田で一時間ほど乗り換え時間がありましたが駅のベンチで缶ビールを飲んでいました。

3日目は秋田から五能線リゾートしらかみ1号で五所川原へ、途中でマグロバーガーを食べ美味しかったこと最高でした。もちろんビールも。弘前では弘前城を見学に行きましたが工事中のため、天守閣が移動しており見えま2p

せんでした。弘前駅から弘南線、花輪線を経由、盛岡で途中、岩手銀河鉄道を経由したため別料金が発生しました。盛岡では次の日、1人だけ朝6時過ぎの列車で田沢湖線、北上線を経由して北上で合流する豊田君と同室になり、夜中の3時4時5時、三回起こされ寝不足になりました。

4日目は8時43分、盛岡を出発、東北線で平泉へ、中尊寺を初めて見学しました。本当に金色堂があり感激しました。ここでそばを食べたのですが全員時間間違え。次の列車に乗り遅れ一関駅で1時間以上何もすることもなく缶ビールを飲んでいました。一関から大船渡線で気仙沼へ、気仙沼からは東日本大震災の影響のため、バスで小金沢駅へ。バスは津波で流された線路の跡と国道を走り、駅に向かいます。小金沢で一泊した旅館は津波で1階が水につかったそうですで、すぐ下にある小金沢の駅はホームが半分流されありませんでした。

5日目はまたバスで前谷地駅へ、このバスも前日と同じで元の線路と国道を走り約2時間かかり駅に着きました。途中、私は腹痛を起こし、偉い目にあいました。石巻線、仙石線を経由して仙台へ。途中、かの有名な日本三景の松原がチラッと見えました。帰りも仙台から飛行機で関空へ快速電車で7時半頃京都に帰り、反省会をして家に帰りました。この旅で完全に鉄道の旅にはまってしまいました。

昨年も軽井沢熱海を巡る旅に行きました。飛行機や新幹線を使って効率よく名所をめぐったり、高級リゾートでのんびりする旅とは一味違った旅の楽しみを知ることができ、声をかけてくれた友達に感謝しています。私に新しい孫ができました。もうすぐ3歳になる孫が電車が好きですのでいつか孫と一緒に鉄道の旅を楽しみたいと思います。今日もこの卓話がなければ四国に二泊三日の旅に行っていたはずです。

高速道路を逆走

神田 豊

道交法の改正で平成29年3月以降は75歳以上の運転者が免許更新時に認知機能検査が行われることになりました。「日本では2025年には、団塊の世代すべてが75歳以上となり、全人口の5人に1人を占めるようになる。65歳以上まで含めると3人に1人に近づくという。

高速を逆走したり、居眠り、アクセルとブレーキの踏み間違いでコンビニに突っ込んだり、スーパーの屋上駐車場から外へはみ出たり、それらは高齢者だけではないはずと聞きましたがその煽りを食らって私も検査を受ける羽目になったんです。高齢の受験者にどうでしたかと聞いてもかーんたんというだけで自分がすんだら感心なしでした。ところが偶然、Netを検索したんです。おどろいたことに天下の警察が認検の問題内容を紹介しているんです。見つけましたね、これはかーんたんと思いました。

楽勝です。64種類の絵を暗記する、時間はたっぷりある。 しかし、本間かいなと疑いの気持ちがあって、半信半疑でした。

まあ、あくまでも例題であって、例えばこんなイメージを持ちなさいというのだろうと思っていました。

本番の日がやってきました。受けてみるとその場で大変なことになりました。見覚えのある絵が出てくるのです。その絵は覚え込んだ半分以下の量なんです。これも楽勝。で、今、出てきた絵を覚えといてくださいねと言うんです。次に10時10分という時計の絵を描きなさい。西暦何年か、今日の日付を書きなさいというわけです。楽勝、〃。

で、次に1桁の数字がずらっと並んだ表があって、これから言う数字を斜線で消しなさい。一つ探せ、二つ探せという。だんだん数字に集中せざるを得なくなります。で、最後の問題、最初に出た絵をみんな書いてください。数字を消したり、時計の絵を描くほうに集中していたためにどんな絵が出たのか全く忘れてしまっているんです。フェイント、時間差、ダマされた。ああ、これが認知症テストか。たくさん覚え込んだ絵と出題の絵がごっちゃになって往生しました。

検査の結果は3段階あって49点以下(第一分類)は精密検査を受け、認知症と診断された場合は免許取り消し、又は停止。50点から76点(第2分類)までは講習時間が長くなるようです。76点以上はほんの少しの講習と実地だけでした。

昨年の3月から12月統計によると172万人の受験者があり、 第一分類5万人  第2分類45万人  120万人がその恐れなしと新聞報道がありました。

あと2回は挑戦するつもりです。それ以後にはペースメーカーみたいな、アンアルツメーカーなるものが開発され頭の中に埋め込む、サポカーより性能のいい部品が出てくると期待しています。

hoo

HOO speech's

0コメント

  • 1000 / 1000